意外なアイテムも?合宿で持っていると便利なもの

バッグ二つ

これは意外と忘れがちですが、合宿先で持ってきた荷物すべてを持って練習場には行けないので、移動用のかばんと、宿泊先においていく荷造り用のかばんの2つを用意しておきましょう。移動用かばんには練習用の服装、タオル、弁当、水筒、常備薬などを入れておき、宿泊先においておくカバンには期間中の着替えや靴など、全ての荷物を預けておく場所として利用するといいでしょう。

耳栓

なぜ耳栓?と思われるかも知れませんが、もしあなたが普段は一人で寝室で眠っているタイプなら必須かも知れません。合宿では数人と同じ部屋で寝ることになるので、それぞれ就寝時刻が違ったり、寝息やいびきが気になって眠れないことも多々あるのです。

眠れなくて日中に練習に支障が出ては合宿に来た意味がないので、こうした事態を防ぐためにも耳栓を持っていくと役に立つかもしれません。

ハンガー・洗濯バサミ

長期的な合宿で合宿先に洗濯設備が整っていたり、着替えが足りなくなりそうなときは自分で洗濯することになります。その時に洗濯設備がなくてもある程度洗うことはできますが、ハンガーが無くては干せません。いざに備えていくつか持っていくのもいいかもしれません。

部屋干し用ロープ

部屋で洗濯物を干すならハンガーをかけるロープも忘れてはいけません。干す道具があるのに干す場所がないとなっては台無しなので、洗濯する予定があるなら荷物に入れておきましょう。

充電器

普段使いすぎていて意外とわすれがちなのが携帯などの充電器です。自分用のものと忘れた人用に1つ多めに持って行ってあげるのもいいですね。

延長コード・コンセントタップ

誰もが充電するようになって不足しがちなのがコンセントの数です。自分が充電したいのに先輩部員が充電していてできないということも・・。そんな状態を回避するのがこの延長コードやコンセントタップです。これさえあればコンセント渋滞が回避できますし、コンセントから遠い人でも気軽に充電できるようになります。

栓抜き

大学で合宿に行き、部屋で飲み会をするときに困るのが栓抜きです。飲む予定のある合宿なら1つあれば心強いです。

エコバッグ

ちょっとした物入れに使えます。練習場用のカバン以外に小物入れとして持っていくと役に立つはずです。

シェーバー

合宿では多くの人と共同で過ごすため、いつも以上に清潔感には気を配りましょう。伸びていても整っている髭ならいいですが、だらしなく伸びた髭は一緒にいる人が恥ずかしく思うこともあります。

最後に

さて、ここからは貸切バスでの合宿のメリットを皆さまにお伝えします。

合宿は参加人数が多く、公共交通機関などでの移動には手間がかかります。

しかし、貸切バスなら面倒な移動時間も有意義な時間に変えられます。例えば、移動中に車内でミーティングをすることもできますし、部員同士の交流を深めるレクリエーションをすることもできます。

移動手段として宿泊先と練習場所の移動はもちろんのこと、合宿から帰るときも自由に降車場所を指定できるので、重い荷物を必死に運ぶ必要がなくなり、顧問の方や部員たちは合宿の練習に100%集中できます。

また、合宿の最終日だけ自由に観光したり、バスガイドをつけて各観光名所を巡るという場合にも貸切バスが役立ちます。

電車やバスなどの公共交通機関での移動に懲りている方や、少しでも合宿の負担を減らしたいという方は是非この機会に貸切バスでの合宿をご検討くださいませ。

ピックアップ

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ